感染症拡大防止対策への取り組み


新型コロナウィルス及びインフルエンザ他

感染症拡大予防ガイドライン 最新版

 

絹の湯 久恵屋旅館としての感染予防ガイドラインを策定しております。

今後も県や市と連携し、予防対策に努めてまいります。

 

当館は群馬県より「ストップコロナ!対策店」として認定されています。

 

【絹の湯 久恵屋旅館としての感染予防ガイドライン】

※発熱者等の施設への入場防止

・当館スタッフにおいては熱や体調不良による出勤の停止(検温後37,5度以上は退社)

・来館者においては発熱や体調不良者の受け入れを拒否(検温後37,5度以上は入館をお断り)

非接触型体温計にて立ち寄り入浴者・宿泊者全員に検温を実施します。

なお、宿泊者には健康チェックシートの記入もしていただきます。

 

※3つの密(密閉・密集・密接)を作らない

・スタッフは必要以上の会話や接客は避ける(マスク着用は義務)

・来館者にソーシャルディスタンスをお願いする。(来館中のマスク着用は義務)

・広間などの換気を徹底

・食事提供をする場合は席の間隔を空ける

 

※飛沫感染・接触感染の防止

・スタッフのマスク着用、手指の消毒、、咳エチケット、手洗いの義務

・来館者は入館時に手指の消毒、咳エチケット、手洗いの義務

・対面機会の削減 ビニールカーテンの設置

・館内の消毒や除菌の徹底

 

以上を徹底するとともに、必要に応じて追加の措置も行います。

 

引き続き、お客様には安全安心を提供できるよう努めてまいります。

 

令和3年10月22日  館主


の湯 久恵屋旅館では次のような取り組みをしています。

玄関にて

玄関には、手指消毒用のアルコール消毒液を設置しています。なお、アルコールアレルギーのお客様は手洗いの実施のご協力をいただきます。

ロビーにて

ロビーでは、非接触型体温計にて検温をさせていただいております。これは宿泊客・立ち寄り湯客を含め皆様にご協力をいただいております。

フロントにて

フロントには、不織布マスク・マスクケース・アルコール消毒液を設置し感染症対策啓発を掲示しています。


健康管理

スタッフの健康管理は、出勤前の検温と健康チェックさらには出勤後の検温を義務付けています。

手洗い

清掃スタッフ・調理スタッフの手洗い励行と清潔維持を心がけています。

手指消毒

各工程ごとアルコール消毒の励行を実施しています。次の工程に移る場合は再度消毒をいたします。


客室

各客室にはアルコール消毒液を置いています。また、洗面台には除菌石鹸を置いています。

消毒

手が触れる場所は定期的にスタッフが消毒ふき取りをしています。

密を防ぐ

ソーシャルディスタンスを呼びかけ密にならないよう努めています。